季節の変わり目とあわせて、クローゼットの中も交換しなければなりません。
衣替えでも活躍するのはトランクルーム!今の季節に不要な服は、トランクルームに置いておけば住まいを圧迫しません。
でも、トランクルームに衣類を収納するにあたって、気を付けるべきこともいくつかあります。
虫食いやカビなどの原因にならないために、衣替えで服を収納する際の注意ポイントをピックアップしますので、ご家族の衣類収納にお悩みの方はぜひご参考になさってください!

収納(しまう)前に、服についている汚れをとってしまいましょう。
このタイミングが、シミや汚れをとるもっとも良いタイミングです。シミやよごれが残ったままで、収納してしまうとよごれがどんどんひどくなってしまいますし、服もいたんでしまいます。この段階でしっかりと汚れをとれば、セーターのなかの虫のすみかを破壊することができます。ほとんどの服は、洗濯機で洗うことが出来ます。水洗いできないものは服に記載されている指示通りにクリーニングにだしてきれいにしてもらえます。この段階でちょっとだけ手間をかけて服を綺麗にすることで、安心して服を収納することができます。次に服を着るときに不快な思いをしないですむことができます。

適切な収納方法を選択してください。
透明なプラステイックの箱は、衣類をしまうのに適しています。プラステイックは紙と違い、湿度をシャットアウトすることもできますし、透明ならば中になにがはいっているか確認することができます。ダンボールを使用するときには、ダンボールの中がよごれていないかしっかりと確認してから使用してください。湿度のあるところでは、ダンボールはおすすめできません。ダンボール自体が、衣類をたべる虫のすみかになってしまうからです。シワがきになるものがありましたら、ハンガーパイプ付きのダンボールがあります。それと使っていないスーツケースなどに衣類をしまうのもスペースを効率的に使えるのに良い方法だとおもいます。

プラスティク製 衣装ケース
ハンガーパイプ付きダンボール

収納ケースにしまう前には防虫や防カビ対策を施しましょう

ムシューダ 圧縮パック

ドラックストアーや、ホームセンターに行けば信頼性の高い防虫&防カビ剤がうっています。収納ケースのフタを閉める前に、一個箱の中に入れておけば安心して半年間すごすことができます。おすすめは、エステー のムシューダです。ムシューダは、圧縮パックとセットになった防虫剤が売っていますので、湿度対策もバッチリです。

全てをハンガーにかけるのはやめましょう!!
衣類をハンガーにかけて収納するのは、スペースを効率的に使う観点では良いことですが、セーター、ニットなどをしまう方法としては適していません。半年間もハンガーにかけっぱなしにすると伸びてしまうからです。こういったものは衣装ケースにしまうようにしましょう。

服をしまうときに清潔、温度、湿度、日光の4つに配慮しましょう
清潔 : できるだけ綺麗な状態で保管しましょう。
温度 : 温度が低いほうが、衣類の保管にてきしています。札幌は元々が寒いので、屋外コンテナんなどでなければ問題ありません。
湿度 : 屋外用のコンテナでは、昼夜の寒暖の差のため結露が発生してしまいます。屋外コンテナは、衣類の保管場所として適していません。
直射日光: 衣類に直接日光があたるような場所は避けましょう。トランクルームでも窓の近くなどでは、日光がはいる区画がありますのでそういう区画は避けたほうが良いと思います。

昼夜の寒暖差が少ない、室内型のトランクルームを衣替えした衣服をしまう場所として適しています。

シロクマトランクは、札幌市内 中央区、豊平区、東区、南区の8ヶ所で室内型トランクルームを運営しています。

中央区のトランクルームの場所は、ここをクリックして確認

豊平区のトランクルームの場所は、ここをクリックして確認

東区のトランクルームの場所は、ここをクリックして確認

南区のトランクルームの場所は、ここをクリックして確認

シロクマトランクは、電話をしたその日うちにトランクルームの使用をスタートすることができます。
クレジットカードでも支払ができます。